2月のスイーツ zilch

2014/2/16

吹雪のなかでもほっこり心が温まる

美しきzilchワールドへようこそ♪

五感を刺激する官能的なチョコのお話です

 

 

バレンタインの翌日、満月を迎えた15日から、

津軽地方は吹雪となり、久々にどっさり雪が積もりました。

立春をすぎてから大雪が降るのは、雪国の常。

とけやすそうな春の雪を眺めつつ、暖かな室内で食べたいのは、

うっとりと心までとろかしてくれそうなチョコレート♡

zilchから、ひと味もふた味も違う、手づくりチョコの提案が届きました。

 

image-2
 
 

〈zilchのメッセージ〉

 

美味しいものにはワケがあるみたいです。

 

例えば、チョコレートとアーモンド。

アーモンドに含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを下げる効果があり、

カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛といったミネラルのバランスに優れていて、

食物繊維も多く含まれているそうです。

チョコレートの元、カカオもたくさんのミネラルが含まれている素材です。

 

アップ

 

じつは美味しいだけじゃなく、身体にいい組み合わせというワケです。

 

20140216_4

20140216_41

 

その素材と他の素材とを合わせたとき、

「あ、美味しい」って思うものって、

もしかしたら今の自分の身体に必要なものなのかも…

と感じることがありませんか?

バレンタインは過ぎましたが、カカオがもつ力と、

他の素材の組み合わせを自分で感じて組み合わせて食べる、

そんなスイーツがあってもよいかな、と思いました。

 

五感を使って楽しむっていいな、と思ったんです….。

 

チョコレートになっている時点で沢山の添加物が入っているのに、

それが一つの素材みたいな扱いになっていて、

そこから先しか、もしくはそこまでしか感じられないよなぁ、と。

 

だったら自分でチョコレート作っちゃえ! と。

 

image-5

 

美味しいオイルや塩、香りの良いリキュールやフルーツ。

目でも、鼻でも、口だけでも、色んな感覚をつかって

自分だけの美味しい! を見つけるのも楽しいですね。

 

image-6

 

お菓子として仕上げたものは、

アニスシード、紅茶葉、ドライクランベリーをフレイバーとして作ってみました。

形にできる最小限の砂糖と卵白でつないだだけのものですが、

とても美味しい素材同士のお菓子です。

 

簡単スイーツなので、ホームパーティーなどにお土産で持って行けば、

いろんなものと組み合わせて、その場で楽しみながら作れますよ。

 

(写真・コメント/「zilch 」飯村千鶴さん)

 
 
 

今回も、zilchならではの洗練された世界観がぎゅーっと詰まったご提案です。

 

スパイスの刺激的な香り、ハーブの安らぐ香り、

ドライフルーツの甘酸っぱさ、カカオの芳しさ、リキュールの深い味わい…。

さまざまな香りと味と色彩が混じり合って溶け合って、オリジナルのチョコになる。

とても贅沢で、ステキなスイーツですね♪

 

さて、2013年4月から隔月で掲載させていただいてきたzilchさんのこのページですが、

1年のお約束でしたので、残念ながら、今回が最終回です。

毎回心躍るスイーツのご提案をしていただき、読者のみなさま以上に、

ファン代表として編集担当者が楽しませていただきました。

弘前にzilchというカフェがあって、わたしたちは幸せですね♪

 

また、なにかの企画で、ご登場いただける機会を、みなさま、お楽しみに!

 
 

zilch/ジルチ

Open  月・木〜日 11:00〜20:00 (LO)19:00

水 11:00〜17:00 (LO)16:00

火曜定休

Tel  0172-38-1556

青森県弘前市上瓦ヶ町11-2

 

 

 

 

 

»その他の「青森スイーツ12 カ月」記事一覧

この記事へのコメント

  1. zilch より:

    一年間ありがとうございました!
    本当に良い機会をいただきました。
    これからもたくさんの「素敵青森」のご紹介、
    楽しみにしています。

    • aj_user より:

      zilchさま、こちらこそ、
      本当にありがとうございました。
      今後とも、末永く、
      おつきあいいただけましたら幸いです。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す