1月のスイーツ annelier

2014/1/20

2014年最初にご紹介するスイーツは、

一足早く「節分」を意識した和菓子です。

きれいな色合いに “淡い春” を感じますね。

 

 

 年末年始に降らなかった分を取り戻すかのごとく、

じゃんじゃん雪が降っている津軽ですが、

七十二候ではもう「ふきのはなさく」時期なんですね。

雪の下で、ふきのとうが芽を出す準備をしていると思えば、

なんとなく気持ちもほっこり。

真っ白な雪景色の津軽にて、

色とりどりの春を待ちわびる想いを込めて、

annelierさんがつくってくれました。

 

 

annelier 創作和菓子『お多福さん』

IMG_0607小

 

節分は「季節を分ける」という意味があるそうです。

暦の上では大寒最終日。

節分が過ぎたら立春です。

福豆を歳の数だけ食べて厄を除けます。

大豆を炒って挽いた きなこで作った「すはま」を作りました。

歳の数だけ食べられるようにちいさくちいさく。

お多福さんの周りに散らしました。

 

IMG_0622

 

数は数えないでね。

 

「すはま」は きなこに 寒梅粉、水飴を混ぜて作った

甘く香ばしいお菓子です。

緑は明日葉、ピンクはいちご、

黄色はカボチャ、紫いもの藤色。

薄いオレンジ色はニンジンです。

 

IMG_0618

(撮影・文/お菓子ユニット annelier )

 

 

今年は和菓子レッスンを精力的に行う予定のannelierさん。

いつかどこかで、あなたも、annelierさんに教わって、

自分でつくったおいしい和菓子が食べられるかも。

今後の活動に要注目ですよ☆

 

 

お菓子ユニット annelier のレッスン情報などは、こちら↓ でチェックできます。
https://www.facebook.com/ankonoannelier?fref=ts

 
 
 
 

 

»その他の「青森スイーツ12 カ月」記事一覧

コメントを残す