青森スイーツの連載トップは、カフェ「zilch」(弘前市)

2013/4/15


連載の『青森スイーツ12
ヵ月』では、

毎回、青森の食材を生かしたスイーツをご紹介します。

まずは、人気カフェ「zilch」のメニューから

 

 

 

青森県弘前市に、ロンドンやパリの街中にありそうなシックかつノスタルジックな雰囲気のカフェがあります。ドアを開ければ、そこは非日常の世界。蚤の市で見つけて来たようなアンティーク、リメイクされた薪ストーブのタイル台やりんご箱、オーナーの審美眼に叶ったさまざまなテイストのアイテムが渾然一体となって、まるでアーティストの工房のような空間が生み出されているのです。

 

r_2002

 

r_2004

r_2008

r_2009

 

鮮やかなブルーのソファーは、千鶴さんの大のお気に入り。古い古い年代物でしたが、形の可愛さに惚れ込み、修理して生地を張り替え、カフェのいちばん日当りのよい場所に置いてあります。

 

r_2020

 

ここ「zilch(ジルチ)」は、訪れた人たちが、それぞれに居心地のよい場所を見つけて寛げるカフェ。どの椅子を選んで座るかによって、見える風景がまったく違うのです。

 

r_2016

r_2045

r_2022

r_2026

r_2028

r_2053

 

店内に流れる時間はゆったりとゆるやかで、一人でぼんやり過ごすのに最高だし、気のおけない友人とじっくり語り合うのにもぴったり。ときには、気の合う仲間大勢で貸し切って、大いに盛り上がることも可能とか。

 

r_2199

r_2132

 

オーナーの千鶴さんは、ご覧の通りのスタイリッシュな女性。東京、そして、英国での生活を経て、故郷である青森に戻り、カフェを始められたとか。現在の場所で、zilchをオープンされて丸7年。8年目に入る今春も、千鶴さんの笑顔と人柄、そして何より、彼女のつくる料理やスイーツを目当てに訪れる人が絶えません。

 

r_2085

 

インテリアと同様、料理やスイーツの意外な素材合わせや、お皿やカップの中に描き出される美しい景色には、いつもハッとさせられます。ありきたりの素材や、定番の調理法であっても、どこか必ずひとひねり、遊び心が加えられているのです。いつもの味の定番も、その時期だけの限定も、千鶴さんのセンスと、とらわれない発想が反映された、目にも舌にもうれしいメニューばかり。春から秋は、カフェの入っている建物の中庭で育つハーブも積極的にレシピに加えられます。ハーブ&スパイスの使い方は英国仕込みの本格派です。zilchでは、身近にあるものをうまく生かして、日常の中に、非日常の楽しみを発見するヒントがたくさん見つかります。

 

r_2092

 

上の写真は、開店以来の人気定番メニュー。ジンジャーティーと、ラズベリー&チョコレートのタルト。紅茶(ダージリン)に、スパイス入りのジンジャーシロップを添えるスタイルは「紅茶に加えても、ジンジャーを召し上がりながら紅茶を飲んでいただいても、どちらでもお好みで」という意図から。説明も提案も必要最小限にして、お客さまそれぞれの楽しみ方を見つけていただくことが、オーナーとしてのスタンスです。

 

zilchのある弘前は、りんごを始め、桃、さくらんぼ、メロン、ぶどうなどのフルーツやさまざまな野菜、米と、多彩な農産物が豊富に収穫される地域。旬の新鮮な素材が次々と手に入り、フルーツの最盛期には、なにからつくればいいか毎日迷ってしまい、うれしい悲鳴をあげているのだとか。千鶴さんの手にかかって、おしゃれに変身したスイーツは、食べる人だけでなく、生産者の方にとっても喜びです。最近は、地元の若い生産者が取り組んでいる農産物の加工品を使って、この土地ならではのスイーツやドリンクを考える機会も増えたといいます。

 

幼い頃から、誰かに、何かをしてあげて、喜んでもらうのが大好きだったという千鶴さん。カフェのオーナーという仕事はまさしく天職だったのかもしれません。アートや音楽にも造詣が深く、日本の伝統文化にも興味があるといい、カフェという場を生かした情報発信やイベント企画にも取り組んでいます。

 

r_2038

r_2041

 

こまめにzilchに通っていれば、四季折々の旬を感じられるおいしいスイーツはもちろん、千鶴さんらしさ全開の「ステキで面白いこと」にも出会えるかもしれません。また、今年は野外イベントへも積極的に参加する予定とのことなので、出張zilchに遭遇する機会も県内のあちらこちらでありそうです。

 

 

 

 

『青森スイーツ12ヵ月』の連載では、月2回ペースで、季節感あふれるスイーツをご紹介していく予定です。初回はzilchの4月のメニューから。弘前城の桜が満開になる時期にぴったりのケーキとドリンクをご紹介していただきます。

来月は和菓子ユニットannelierの創作和菓子が登場予定です。

 

 

 

zilch/ジルチ

Open  月・火・金〜日 11:00〜20:30 (LO)20:00

木 11:00〜17:00 (LO)16:30

水曜定休

Tel  0172-38-1556

青森県弘前市上瓦ヶ町11-2

 

 

 

 

撮影/成田 亮

 

 

»その他の「FOOD」記事一覧

コメントを残す